読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

それをしなくたって、だいじょうぶ。

たとえば、

意識レベルでの死と再生。

ウンウン唸りながら、サードアイや首筋にチカラ入れながら、マインドと向き合えってことじゃない。

観察するんだ。
のんびり、静かに。

外で起きたことを感じて、内側で何が起きるか。

たとえば、いま部屋を見回してみたら、
お膳の下にペットボトルが転がってる。

いつもなら、立っていって拾ってキッチンのゴミ袋に入れに行くところだ。
なぜなら、それが自分のアタリマエだから。

けど今日は、この文章を書き始めてるし、
ちょっと待ってみることにする。
転がったペットボトルに、内側がどう反応して、カラダにどんな指示を出すか。


こうやって、習慣をことごとく疑い、
その都度、五感と感情に訊いてみる。
いま、何を感じてるのか。
いま、どうしたいのか。


もうこの時点で、自分責めが始まっている。

(なんで、あんなとこに転がしたまま氣づいてないんだ?
お客さん来たら、どうするんだ?
うっかり氣づかずに日が経ったら、埃が溜まって嫌じゃないか。)

そんな脳内の独り言にも、氣づいていく。
自分の中のアタリマエに、信念に、光を当てて浮かび上がらせる。


そこに動く無意識の働きを観る。
意識のバックヤードで、何が「勝手に」動くか。探る。


(たったいま、ワタシを責めたのは、
攻撃したのは、
ほんとうは誰だ?
ワタシじゃないぞ。
母か?昔の上司か?学校の先生か?
同業者の眼か?
お客さんのジャッジか?)


そして、脳と肉体の間に瞬時に介入する、
無意識の「命令」を、いちど叩き潰す。

ベットボトルを拾いたいか。
拾いたいなら、その欲求を意識して、
動作に意図を介在させて。

ワタシはコレを、やりたいからやるんだ。

理由なく行われる全ての行為に、自分の欲求を感じていく。
だが、理由付け、もしくは言い訳を付けない。
やりたいかどうか、それだけ。

そんな実験。

やってみたらきっと、
魂のやりたいことが視えてくる。
それをしないと、たぶん一生視えないままだ。
スコトーマ。

一瞬ごとに、自分の時間を、自分の人生を生きるために。
いま、すべてを疑え!
そして、書き換えろ!

書き換え方なら、教えます。
(さいご、ちょっと宣伝w)


f:id:pjsakai:20160908154728j:image

ミラクルウェイ

偉く見せようとしなくたって、
あなたは偉い。
(別に偉くなくていいけど偉い。)

強く見せようとしなくたって、
あなたは強い。
(別に強くなくていいけど強い。以下同様)

大きく見せようとしなくたって、
あなたは偉大だ。

どんなに足りないと感じてたって、
あなたに欠けや不足はない。

あなたは、パーフェクトだ。
神がパーフェクトであるように。
あなたの根本は、パーフェクトなんだ。

だから、今夜も
安心しきっておやすみなさい。

のんびりしててもだいじょうぶ。
しゃかりきにハイテンションでもだいじょうぶ。
明日もだいじょうぶ。
永遠にだいじょうぶ。

ルー・タイス礼賛☆

そっか。

いま起きてることって、
あらゆるブリーフシステム(信念体系)の完全崩壊だ。
そして、この時機に最も必要なのは、

スピーディーな潜在意識の書き換えだ。

去年より、ずっと速い!

次々に立ち顕れてくるニューパラダイムが、
視えた直後に変化する。もしくは消える。
そんな局面に、全人類がさらされてる。

そんなときに、ね。

ヒトの提示したパラダイムに乗っけられてる場合じゃないよ。ね。

さあて、さらに盛大に、ぶっ壊すか~!!

手ぶらで身ひとつで、ヒトを手助けしませんか?

「大阪の真ん中で、直傳靈氣セミナー、開催します」


あなたの「手」で、
たいせつなヒトを「手」助けできます。

(ほんとは手だけじゃなくて、からだじゅうから氣と光が出ます)

9月の連休、わずか2日半で
日本伝統の靈氣(手当て療法)が身につきます。

連休明けから、すぐお仕事にもしていただけますし、
家庭内医療として、ご家族にも施術してあげられます。

こんな方におすすめです。

ご家族や知人に難病をお持ちの方が居る。
ご家族を在宅介護しながら、お仕事と両立させたい。
ご自身が、慢性の心身不調に悩んでいる。

もうすぐ赤ちゃんが生まれるカップルやプレママさん。
小さなお子さんをクスリ要らずで育てたい親御さん。
育児とお仕事を、楽に両立させたいママさん。

身ひとつで、ヒトを癒すことを職業にして、
経済的にも社会的にも、ことごとく自由に生きたい。
(何の器具も要りません)



興味ある方は、お問い合わせください。
9月連休以外にも、日程ご希望ご相談ください。

これからの宇宙のキーワードは、「自由をわが手に!」です。

pjsakai.com
info@pjsakai.com

福神コンビの遠隔リーディングキャンペーン

みめうるわしい貴婦人からの連日のハート攻勢と、
龍神雷神さまのビリヤードプレイと、
イロイロ聖なる(?)おつきあいに忙しくて、
あまりオシゴトしてなかったら、

ヱビス大黒の福神コンビが、はたらけー!はたらけー!
てか、ワシらにも、はたらかせろー!と、
ワタシの日課のソリティアコレクションをフリーズさせまくるので、
今週は、ヱビス大黒の遠隔リーディングキャンペーン実施します。

5000円。
質問3つまでメールでお答えします。
お名前と生年月日と性別を添えて、メールかメッセージで、ご質問をどうぞ。
折り返し、料金振込先と、実施予定日時をお知らせします。

お申し込みは明日9月6日(火)の24時まで。
先着5名さまのみ。


お申し込み後、24時間以内に返信がなければロストメールの可能性があります。
その場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

pjsakai.com

ダリリポート

さて、、、、

ダリ展を観てきたから、リポート書かんとね~♪

 

 

は、いいけど、、、

 

 

あんだけ昔の作品でも当然、著作権やらなんやらあるだろうから、まんま画像でアップできないのが残念(>_<)

 

もちろん、美術館の展示場内は撮影禁止だし。

 

お決まりの体言止めルール(なんだそれ?)で言語表現してみようか?

できるかな~♪

 

京都って聞くだけで慕情な感じになるワシ。

ベンチャーズ作、京都慕情を心で歌いつつ三条京阪からの炎天に炙られつつ岡崎公園

でも、全身ダリってルから猛暑が氣にならない。(あ、体言止めルールどこ行った?てか、ダリルってなんだ?ダリルアンカか?)

 

とにかく、御叱呼我慢してたから足早。

それでも大きな鳥居は撮りいの、美術館前庭の吊り幕撮りいの、膀胱の限界にチャレンジ!(無意味)

 

 

昼前だったから、美術館のチケット売り場はまだ空いてて、尿意との戦いに勝利。

帰りには、エントランス満杯の人出だった。

 

売り氣満々の広いグッズ売場を抜けてトイレ奪取DASHダッシュ!

 

ああ、どうでもいいこと書いてるな。

 

で、いよいよダリ!

 

会場内は、けっこうな人口密度。

はじめのうちは、前を行く美術学生らしきカップルのペースに従って、カンバスの表面の筆のタッチなんかも、身を乗り出して観てたけど、だんだん疲れてきて、(だって、大型の作品が少ないんだもーん!)そのうち、観たいのだけ、行列のすき間をすり抜けながら観て回った。

アメリカに亡命して人氣者になった頃の作品は、何だかスポンサーに媚びてる感じがして、面白くない。

そして、あの、美術の教科書に載ってるあの、時計のグニャリぶらさがりのヤツが、

ない!!えー!?!

まあ、いいや。(ええんかい?!)

 

ヒトの奥さん獲って婚姻した頃の、嫁の肖像は、凄いバリエーションで(タッチも色彩もサイズも、あらゆる試みっぷり)迫力あった。

 

で、晩年のひとつ手前コーナーあたりから、また面白くなってきた。

もう、印象派キュビスムシュールレアリスムも、なんもかも逸脱して、やりたい放題なダリ!全開、全壊!!

 

コレですよコレ♪

 

思わず絵はがきとかクリアホルダー買っちゃったのは、(オフセット印刷は発色に難あるから、滅多と買わない)

 

ラファエロの聖母の最高速度

 

と、

 

素早く動いている静物

 

でした。

 

 

ラファエロの聖母の最高速度

 

は、カバラの生命の木を、やけくそでブンまわしたら、肉体もマインドも感情体も、遠心力でバラけちゃいました。

けど、なぜか規則正しく螺旋に回っております。

みたいな作品。

 

家に帰って眺めてたら、翌日くらいに、自分もすっかりこんな状態になって、面白かったー♪♪

 

素早く動いている静物

 

は、やはり、

透明のボトルからねじれつつ噴きあがる透明な水

と、

宙に浮かぶ包丁の胸すく尖鋭的な光と艶

と、

海の表面の、ヒトを舐めたようなヒトを喰ったような規則正しすぎる波。

 

もうコレは、透明のカットグラスでもスケッチせずにはいられない、衝動!

 

 

魂をぶん殴られる感じは、今回は、なかった。

 

 

帰りには、京阪の運休で京都慕情も吹っ飛んだ。し、同じ日に、慕情対象相手が(日本語が変)アレとかコレとかナニとか、お忙しかったようなのを知って、妙に冷静ビシソワーズになった。

 

総じて、今般のダリ鑑賞は、感傷から醒めるキッカケになった。鑑賞で感傷と干渉を脱皮するぞ!

ちょっと落ち着いたら、ダリとかデルボーとかキリコとか(あー、もひとり思い出せない!)の作品を、詩言語に変換するエクササイズをやってみよう。

 

白川はよかった。


f:id:pjsakai:20160905020916j:image

 

 

 

ダリ~!(いや、ダルいんじゃなくて)

ダリ展を京都市美術館で、
ダリの版画展を京都文化博物館で、
それぞれに開催してるみたい。
どちらも9/4(日)までだって。

これは、行かんとね。
観に、視に、行かんとね。

 

岡崎と烏丸、ハシゴだね♪♪


透明のガラス瓶とか、海の色とか。
光そのものを
影そのものを
そこに集めて、ねじくりまわしてみました。
みたいな、あの、アレたちを。

中学の頃から、岡崎はよく通ってたな~。

いま、タロットやチャネリングで、
初心に戻れ。
とのメッセージが多発してますが、
そこまで遡れってか?

よし、ダリまで回帰!