読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

カブラのおっちゃんの話(2010年)

氣づき とか 伝えたいこと ミラクルライフ

どうも、PJSAKAI。です。

さいきん、ようやく実生活がこの世界に近づいてきたので、

ここに改めて掲出してみます。

 

6年前(もっと前だった氣もしますが)、mixiで書いた内容です。

 

 

 

戦争は、いつ終わるの?

飢餓は、いつ終わるの?

差別、不平等、貧困、不条理。

憎しみ、恐怖、災害、競争原理。

これらは、ほんとに、いつ終わるのだろう?


もし、みんなが言ってるみたいに

2012年に大きなシフトが起こって、

この星=この次元が、アセンション(次元上昇)して、

ほんとに、いろんなことがリセットされて、

シャンバラ(地上の楽園)が顕現するんだったら、

ほんとうに、それが起こるのだったら、

ワタシは、ボクは、ワタシのボクは、

そのためだったら、どんなことだってする!


ワタシがずっと想い描いてるシャンバラって、どんなものだか、

今日はじめて、ここに書きます。


「カブラのおっちゃんのお話」


ウチに、セミナーやワークやセッションを

受けに来てくれてるヒトたちには、

もう何度も話してきた。

幸せで、愉快で、豊かな、おっちゃんのお話。


f:id:pjsakai:20160624195653j:plain



カブラのおっちゃんは、

カブラを作るのが大好き。


毎日、朝日が昇るころに畑に出て、

1日中、ずっと畑にいて、

ずっとカブラを育ててる。


ごはん食べるより、寝ることより、カブラを育てることに夢中♪

去年より今年。今年より来年。

もっとおいしくて、もっとカラダに良いカブラを作れるように、

ずーーーーーーーっと、考え続けてる。

ずーーーーーーーっと、工夫☆研究☆実験してる。

それが、愉しくてうれしくてたまらない。


カブラのおっちゃんは、自分の大好きなカブラを収穫すると、

すぐに人に、人々に、あげてしまう。

カブラの収穫期には、おっちゃんの畑の畔には、

カブラをもらいに来るヒトたちの行列ができる。


みんな、自分の番がくるまで、とてもの~んびり並んでいて、

みんな、自分がカブラをもらうこともうれしいんだけど、

それは、とっても美味しくて優しいカブラだから、

ほんとにうれしいのだけど、

カブラをもらうことより、まず、おっちゃんにあげたいモノを

お互いに見せあうことに夢中になってたりする。

そして自分の番になると、カブラにありがとうって言いながら、

おっちゃんにもありがとうって、言いながら、

自分の持ってきたものを、おっちゃんに、

とてもうれしそうに渡してくれる。


収穫期以外にも、おっちゃんが、

「そろそろ家のじゅうたんが傷んできたから、新しいのがほしいな」

って、ふっと考えると、

その日のうちに、こんどは


じゅうたんを作るのが大好きなおばちゃんが畑にやってきて、

持ってきたじゅうたんをもらってほしいと、おっちゃんに呼び掛ける。

おっちゃんは、歓んでじゅうたんをもらいながら、

好きなだけ、かぶらを持っていってほしいと、お願いする。


そんなふうに、いつもタイミングとニーズがぴったり。


それは、ヒトが肉体としてただ生きる、そのこと以上に、

「自分の上のほう」と、しっかりつながっていて、

上のほうで、いろいろお世話してくれてる者たちに

いつも感謝してるから。


いつも「上のほうの自分」で、ほかのヒトともつながろうとするから。


ほかのヒトの「上のほう」とも、しっかりやりとりしてるから。



おっちゃんは、おみやげを持って畑に来てくれるヒトたち以外にも、

カブラをあげたくてしょうがないから、

畑のすぐそばを流れている小川に、ボートを浮かべて、

たくさんのカブラをそのボートに載せて、流す。


このボートには「通貨」という名前が付いてる。

お互いの創造した宝物を、流通させるための「乗り物」としての通貨。

 

f:id:pjsakai:20160624195639j:plain



おっちゃんは、流れを信じている。

この流れと、この乗り物が、

おっちゃんの大事な大事なカブラを、ちゃんと必要なヒトのところに

ちゃんと必要なタイミングで届けてくれることを、

信じきって、安心してる。


そして、おっちゃんに必要なモノたちも、

いろんなおばちゃんやおっちゃんが運んで持ってきてくれるほかに、

川上から流れてくるボートに載ってくることも多い。


おっちゃんは、そんなとき、ボートにも、

ボートに自分の宝物を託してくれたヒトたちにも、

いつも、ありがとう!って大きな声で言う。

ありがとうの声は、またボートに載って、川上へも川下へも、

自在に運ばれていく。


それぞれの「ありがとう」と、それぞれの「宝物」が

ボートに載って、自在に流れる。


みんな困らない。みんな怖がることもない。みんな苦しまない。

みんながみんなを信じている。


それがシャンバラ。


ワタシのシャンバラ。


ワタシは、2012年のあと、

ナニのおばちゃん(おっちゃん?)になってるかな?


あなたはナニを宝物として、育てたいですか?

ナニを宝物として、人々にあげたいですか?

ナニを流していきたいですか?

ナニのおっちゃん・おばちゃんになりますか?



愉しくいっしょうけんめい、ソレを探してみてください。

それをやってみてください。


どうもありがとう☆