LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

脱ルーティン。いつだって名無しさん。

f:id:pjsakai:20160711094202j:plain

「風邪ひいたらしく、体じゅうが痛い」

 

って言うと、「風邪ひき」と名がつく。

風邪ひきが顕在化する。

風邪ひきサンとして呼吸し、まばたきし、

ヨロヨロ動き、ココロも風邪ぎみになる。

おおげさに言うと、

自己の全存在を、風邪ひきと規定してしまう。

    

そんなとき、カラダに訊いてみる。

どこがどう痛いの?痛くないの?

 

乳房のすぐ下の肋骨の曲がりめが痛い。

右側頭部の上方が鈍痛で、ぱかっと外れそうに感じる。

アタマがフワフワする。

そういえば、鼻の奥に独特の感じがある。

などなど。

しばらく注意ぶかく感じてるうちに、それらが止む。

止んで、また痛む。痛んで、また止む。

そのうち・・・痛む間隔が間遠になる。

 

風邪だから治さなきゃ。という義務感が遠のく。

 

ヨロヨロでもズキズキでもフワフワでも、

自分の楽な呼吸とテンポで、のんきに遊びだす。

 

遊びながら、楽しい!と感じれば、今日もOK。

やっぱり痛くて楽しくないなら、おとなしく

リクライニングチェアでうつらうつらする。

瞑想ッぽくなって、楽しい。

 

名前をつけると、ソレに決まってしまう。

風邪ひきサンのルーティンが営まれはじめる。

 

名前をつけずに、カラダを感じてみる。

名前をつけずに、ココロを観じてみる。

 

好奇心いっぱいに、細部まで、入念に、

自分のパーツのようすを、

小刻みに発見しながら、感じながら、

まっすぐ暮らそう。