読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

新月なんで、書き始めの草稿そのまま上げちゃいます。

「ある魔術師見習いの手記」

 

 

 

夏の盛りの昼下がり。

外回り仕事の僕は汗と排ガスと埃にまぶされて、もうどうにもこれ以上は歩けない。

大通り沿いの雑踏を逃れてショッピングモールの中の大型書店に逃げ込むと、空調の噴出口の下で、備え付けのベンチにへたり込んでしばしの涼を求めた。

肩で息をする。汗だか涙だかわからないものが頬をつたう。かすかなアルコール臭。

昨夜の酒が毛穴からあふれて揮発している。

強すぎる冷房に、ほどなく背中や肩口の汗が冷えてきて、こんどは寒い。

なんとなく心もとない情けない氣分。僕はなぜこういつも何かに振り回されているのだ?

そんな弱った心を打ち捨てるように、勢いよく立ち上がり書棚を見て回る。

もうすぐあんな会社辞めるから、自分の起業に役立つ書籍を探そう。

現実逃避?ああ、そうかもしれない。が、この現実はひどすぎる。

昨日も社長の細君は泥酔して朝のオフィスになだれ込んできた。

社員は僕以外全員リストラされた。泥酔モンスターは当然、僕をターゲットにからんでくる。

自分の会社がバブル崩壊でモロに経営不振なのに、外に愛人をつくってマンションを与え、そこに居座って家に戻らない社長を罵る言葉が、細君の口から、もう際限なく吐き出される。

なぜか、そのひとつひとつの出来事がぜ

にんぶ僕のせいのように彼女は脚色して叫んでいる。

社長はまだ出勤してこない。最近はいつも昼過ぎだ。いまは、むしろよかった。と思う。

二人の罵り合いに付き合わされる義理はない。

そこへ上客である得意先から電話が入る。止める間もなく細君が受話器を取って応対し始める。

「あ、あの製品の納期ですか?あれは昨日出荷しております。

え?発送した送り状をファックスで送れと?かしこまりました。すぐにお送りいたします」

泥酔しているくせによく口が回る。

だが、件の製品はまったく間に合っていない。当然昨日発送したのもウソである。

どうする氣かと見ていると、送り状を新たに書き起こし、そこに運送会社の受領印をコピーして貼り付け、さらにコピーを取ってファックスしはじめた。

あ、ばか!心の中でそう叫んだ。

すぐバレるウソをどうしてつくんだ?これは大事になるぞ。

僕は絶望して、書類かばんを抱えてオフィスを飛び出した。

 

ああ、もう辞めなきゃ。あそこにいたら自分が狂ってしまう。

自分の営業社員としての実績も信用も、もうボロくず同然だ。

受注しても、外注する資金も、内作する人員もゼロ。

注文品を自分で手作りするしか方法がない。今月は何度徹夜したろう?

昨夜も夜通し、ひとりぼっちでアクリル板の熱線曲げや溶剤接着をしていたが、午前2時ごろ、ある瞬間に自分の鎖骨あたりから突き出し看板みたいに「イヤ!」という3D文字が飛び出た。

ああ、これでもう限界だ。

そう感じて、その作業を放り出し、真夜中に営業している近所の中華料理屋で思い切りビールを飲んだ。

受注を喜べない営業なんて、あり得ない。これだけ働いても、給料が出ない。給料の遅配に文句を言うと、営業であるお前の責任だと社長に言われる。

家に帰って母に給料が出ないというと、酔って目の据わった母に、いますぐ質屋へ走れと凄まれる。どっち向いても酒乱。もう知ゅらん!

僕はその翌々年に、クモ膜下出血で倒れるのだが、いま思い返せば当然のなりゆきだったと言い切れる。

 

体が冷えてきたせいか、そんな一連のストーリーが一氣に胸に迫ってきて、ますます虚しく感じ始めた。

とにかく本を選ぼう。夢見心地でも現実逃避でも何でもいい。いまをやり過ごす必要がある。

 

ビジネス書の書架に向かって立った。と、そのとき、なにか見えない力に引っ張られるのを感じた。強力な磁石に引っ張られる感じ。

僕はその経験が初めてでもなかったので、その磁力(?)に身を任せてみた。

すると、2筋ほど背後の列に連れていかれた。

そこに見た真っ白なハードカバーの本の背表紙には

 

「クリエイティング・マネー」

 

という文字が大書されていた。