読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

「勝負師」考

このところCSやYouTubeで、都はるみさんの歌をよく聴いてるので、
坂田三吉桂春団治の物語で
「日本一」という歌詞に触れる機会が増えている。

先日の羽生結弦選手の氷上の勝負を観ながら、
日本一!と叫びたくなった。(いや、世界一なんだけど)

で、思った。

競争そのものを問題視する傾向が
スピリチュアルを学ぶ者たちにはある。
だけど、競争そのものは悪徳ではなくて、
他者のコントロールによって無自覚に
競争「させられてる」ところに不自然があるのではないか。

利潤追求の競争はダメで、スポーツならいいんだ?
いや、そうじゃないと思う。

ちょっと前、小学校の運動会で
徒競走の順位づけを廃止して、全員一等賞にしよう。
みたいなルールが作られてた。
そんなん、何がオモロイの?と、首を傾げた。

何が言いたいかというと、

競争そのものはアリ。
だけど、競争は
したい者が やればいい。したくない者はしなくていい。
っていうルールが、いんじゃね?
ということ。

まあそうなると、現行の学校教育制度が
いわばパラダイムごとひっくり返るよな。

「ユヅくん」みたいな天才が、自分の中に
競争心というものを知覚する機会が減ってしまうかな?

いや、生来の(各自が自分に課した)ミッションには、
雑音が減るぶん、氣づきやすくなるんでは?
もともと、ミッションと競争心は無関係だし。
競争心じたい、ミッションに向かわせるための
ツールに過ぎないよね。

こないだの男子フィギュアの決戦なんて、
あれ、他者との競争じゃなくて、
全員が、自己との戦いだったもんね。

「いちばん」っていうのは、どのジャンルであれ
最後に「自分に克つ」ヤツが手にするんだろう。

三吉も春団治もユヅくんも、
徹底して勝負を楽しんでたヒトだよね。
イコール、自分自身を生涯面白がってたヒトだ。
あ、ユヅくんは過去形じゃないな。ごめん。

ユヅくん(羽生結弦選手)には、
小春やお浜は必要ないのかな?
献身的パートナーとインディゴの天才性の関係・・・
とか考えだすと、論旨が散らかるので、またこんど。