LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

不二夫に捧げる即興筆記

赤塚不二夫氏のドキュメンタリーをチャンネルNECOで視た。

ゆめうつつ妄想と衝動と思いやりの人生。

いま感じるままに彼に捧げる言葉を書きたい。

 

満州の赤い夕景に無数のカラス。

原風景。

 

父は日本軍特務機関所属の憲兵シベリア抑留。

母と妹弟赤ちゃんといっしょに引き揚げ船。

日本に着いて、ようやく寝床で寝かせたとたんに赤ちゃん(末妹)が死んだ。

 

仲間と一緒に畑を丸裸にするほどの勢いで野菜果物を盗みまくる少年。

熾烈な生命の戦いが日常の営みであったころ。

 

やがて、マンガ漫画まんが。

後も先もなく上も下もない、友だち集団。

ギャグに生きる。破天荒。

あいらぶにゅーよーく。暮らしがアートだ。生きてるギャグだ。

アバンギャルドあばんぎゃるどavant-garde。。。

 

描く描く描く。

 

れっつらゴン?最高傑作と自他ともに認めるナンセンスの最高峰。

バカボンを超えた。という。

どんどん自分自身を作品として露出。いろんな意味で露出。

はみ出す。はみ出させる。露出。裸。裸。裸。

 

見た目を超える。世間体をはみ出す。けど、恥ずかしい。すごくシャイな人。

酒で、恥ずかしさを消す。酒におぼれて妄想と語らう。

avant-gardeあばんぎゃるどアバンギャルド

 

人生がナンセンスだということ、

無意味な生に意味があるとしたら、笑いだけだということ。

それでいいのだ。これでいいのだ。レットイットビーだ。ということ。

 

ココロの可動域が拡がる。

やさしすぎたアーティストの生きざまに、即刻、解放される自分が居た。

ありがとう。ありがとう。

おそ松くんとバカボンとア太郎。それこそワタシの原風景。

ありがとう。

肩にハマった重たいギプスが外れた。

型にはまった暮らしを、連続的に打ち壊すお手本のお手並みを

視られてウレシイ。

 

今日もアバンギャルドでいこう。

隅に追い詰められても、シレッとすり抜けて笑い転げる自分でいこう。

ありがとう。大好きな漫画家。赤塚不二夫