LIFE IN MIRACLES~奇跡でごはん食べてます~

融通無碍・自由自在・みんなひとつの神さまライフ

一度も泣いたことのない赤子だったもので。

今朝のこと。
号泣というか慟哭というか、
絶叫する子どもの声。町内に響きわたる。

 

母親らしき女性の声が叱っている。
「ええかげんにしなさい!」

 

泣いている事情は、物干しからは
さっぱりわからない。姿も見えない。

 

ただ、ワタシが洗濯物を干し終えるまで、
干し終えてからも、ずっと、泣いている。
凄い大声で、叫んでいる。

 

なにかを要求するでもなく、時折、
痛いー!という言葉が混じる。

 

だが、たぶん周りを取り巻いている親や兄弟たちに、その痛みを何とかする氣持ちは起きてきそうにない。

 

それでも彼は、
全身全霊で泣き叫ぶことを止めない。

 

その声を聞いていると、音楽とか絵画とか文筆など、あらゆる表現方法が、
当たり障りなく、思いをヒトに伝えるための
「クッション」としか思えなくなってくる。

 

地上の「様式」を、すべて拒絶した、
その子どもの声が、
ルーティンな家事をするワタシの奥を弾いた。